日本経済新聞での金情報の読み方

投稿日:

761 Gold

 

この1年は本当に
営業電話やFAXが多い年

タウンページを見たのか…
ホームページを見たのか…
バス広告などを見たのか…
理由は分からないけども
よく営業の電話が掛かってきます

 

特にタチが悪いのは
電話してくるなりいきなり
社長に代わってください。
と言ってくる業者

こういう場合はもちろん
名前を聞いた上で門前払い

 

ただし、その反面で通常の
仕事のお電話も多いナカオカ

特に毎日必ず2件以上は
金に関するお電話をお受けします

 

もちろん内容は様々で
価格のことやら商品のこと、
買い方や売り方など
色んなご相談をお受けします

そんな中でも多いのが
金やプラチナの価格について
確認のお問合せ

 

 

新聞の金価格の読み方

お電話される方は
新聞の値段を確認した上で
ご連絡いただくのがほとんど

というのも
新聞に記載される値段
というのは前日価格

 

インターネット環境がない方に
とってはこの新聞に記載された
前日価格が最新情報なのです

そのため、買いに来る予定の方や
値動きを気にされる方は
ナカオカへ電話してくださります

 

なのですがそんな新聞も実は
いろんな情報が載っており
たまに見間違われることがあります

…ということで今回は毎朝
日本経済新聞に掲載されている
金価格の読み方をお伝えします

 

日経新聞の朝刊には以下のように
金価格が掲載されてます

 

なのですが通常
資産用に売買される方が
見るところは一箇所のみ

それは以下の部分のみ↓↓

 

それ以外は卸業者や
小売業者など仕事に関連する
部分の内容となるのです

 

ちなみにこのロコ東京金↓↓

 

ロコは置き場所を意味しており
ロコ東京金は受け渡し場所が
東京であり輸送費など諸経費が
加算された業者間の取引価格

 

そして、
山元建値(やまもとたてね)↓↓

 

日本の鉱山会社が地商等に
や銀の地を販売するときの
指標となる基準価格であり
主に住友金属鉱山の出荷価格が
記載されていることが多いです

 

 

で、よく勘違いされるのが↓↓

この部分というのは地金商が
宝石店などの小売店に販売する
価格が記載されています

つまり、卸値みたいなもんです

 

といったように新聞には
小売店とお客様だけでなく
その中間での取引価格も
記載されているので値段を…

ごまかせません

 

この価格と大きくかけ離れた
値段で取引しているお店は
その分、手数料を取っている
…とも言えるのです

 

ちなみに新聞の小売価格は
田中貴金属工業が発表している
情報が記載されております

基準価格となるくらい
田中貴金属工業という会社は
優れており信頼されています

 

資産用の金といっても
色んな小売店や地金商があるけど
最終的に重要なのは信頼と品質

ナカオカではそんな
田中貴金属の特約店として
35年以上に渡り広島市で
長年取引してきました

商品情報を届けるだけでなく
その使い方や正しい運用方法など
時間を掛けてお客様から
信用していただいたために
続けてくることができました

 

どんな些細なことでも
お答え致しますので安心して
ご来店くださいね

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(10/1)の貴金属価格】
 ゴールド:4,817円/g(+0)
 プラチナ:3,319円/g(+0)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-取引時の注意事項

Top

Copyright© 守りの資産の金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成をお手伝い , 2018 All Rights Reserved.