「物価の高騰=お金の価値が下がる」という認識が重要

更新日:

1015 Gold

 

もう事後ではありますが
6月の第1金曜・土曜・日曜は
広島三大祭りのとうかさん。

とうかさんといえば
いよいよ夏が始まる本番的な
お祭りでもあります。

なぜならば、ゆかた祭りという
イベントまでセットであるため。

ゆかたってなると
夏の花火大会などでは
恒例の衣服ではありますが、
ここ広島では花火の前に
このとうかさんなのです。

 

ちなみに、とうかさんは
ナカオカ本店から歩いて
5分ほどのとこにある圓隆寺。

その総鎮守の稲荷大明神を
祀ったお祭りなのです。

 

そして、元号が令和に変わった
このタイミングで400年目を
迎えるとうかさん。

歴史あるお祭りですが
偶然にしてはスゴイですね。

 

…ということで、
ナカオカ本店の店頭で今年も
ちょっとした食べ物を
販売させていただきました。

 

今年も果物屋さんに
協賛いただきまして
カットフルーツとサワー。

6月ということもあり
暑さ厳しい日中だったので
好評いただきました。

 

 

酒税という税金

今年はお酒を出したのですが
お酒って聞くと販売側としては
必ず弊害になる税金があります。

規模の大きな講演会を
開催することもありホテルなどの
会場をよく借りるのですが、
この税金は年々上がっているようで
値段交渉の際にいつも言われます。

 

もちろん時期的な
問題もあるのでしょうが
そんなお酒に関する税金

酒税

 

【酒税】
酒税法(昭和28年2月28日法律第6号)に基づき、酒類に対して課される日本の国税。
消費税と同様に、間接税、流通税に分類されるものである。同法の酒類とは、アルコール分1%以上の飲料とされ、薄めてアルコール分1%以上の飲料とすることができるもの(酢エタノール製剤用のアルコールは除かれる)、または、溶解してアルコール分1%以上の飲料とすることができる粉末状のものを含むもの、とされる。
※wikipediaより

 

2020年には税金の
統一化のため、現時点は
最も高いビールも税額が
下がるようですけどね…

 

ですが、酒税とは別に
消費税の増税も10月に
決定しております。

結局のところは税金に
振り回されることに
変わりはないんですよね。

 

そんな年々物価が上がる
インフレーション。

何か物を買う価格が
上がるっていうことですが
それ以上にまずいのが
現金が目減りしている
…ということ。

 

物の値段が上がって
払う金額が増えることより
持っている現金の
価値が下がっている
という認識を持つ方が重要です。

 

ではどういった資産で
持っておけば価値を落とさず
済むのでしょうか?

 

そのひとつとして世界で
運用されているのが

金(ゴールド)

 

金は毎日市場価格により
価格が変動する資産。

人の手によって作れず
限られた資源であるために
年々価値が上がる傾向なのが
金の特徴でもあります。

更にはモノであるため、
インフレに比例して
金の価格も上昇する
動きになりやすいのも特徴。

 

このような理由から
金(ゴールド)は
インフレに強い資産
と呼ばれております。

 

金には買うときと売るときの
両方に消費税が掛かるため
売るときを考慮すると
増税前に持っておくことが
一般的には有利です。

 

年々強まっていく
インフレの対策として
持たれている金(ゴールド)。

もし、現金以外の
資産運用で迷っているなら
まずは持っておいて損の
少ない金をオススメします。

 

どうせ現金を持っていても
目減り(物の高騰)するだけですから…

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(6/13)の貴金属価格】
 ゴールド:5,064円/g(+21)
 プラチナ:3,169円/g(-19)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-つぶやき, 資産用の金(金地金)

Top

Copyright© 守りの資産の金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成をお手伝い , 2019 All Rights Reserved.