他国は利上げしても日銀は絶対行わない理由

投稿日:

2169 Gold

 

先日ご来店された方から
こんな話を聞きました。

あまりニュースでは報道されてないけど、日銀はこのまま金融緩和を維持すると円安になる可能性が高まる。
でも日銀には金融緩和を維持するしかない状況だから、今のうち金を買うのが正解よ!

…といった内容の話でした。

 

アメリカではインフレ対策で
金融緩和の維持を取りやめて
金利の利上げをバンバンしてます。

それに対して日本は全く
緩和を維持している状況。

そのため、海外からは日本の
経済が不安視されることにより
円の売りが目立ち円安に動いたのが
ここ数ヶ月にあった状況でした。

 

そういった状況にも限らず
日本が金融緩和を維持するには
とある理由があったのです。

ではなぜ維持するかというと
金利を引き上げることによって
日銀が赤字決算となるリスクが
高くなる可能性があるため。

これは日本の負債・純資産状況の
バランスが影響していること、
つまりは財務内容の悪さが
背景にあるからなんです。

 

現在は国債の金利が約1%ですが
もし金利利上げが起こると
利払い費が跳ね上がります。

現在1000兆円以上あるので
単純に10兆円の利払いがあるけど
金利が増えると更に増えます。

ただ、利払いが増えても
現在の財務内容では収入が
追い付かない状況にあります。

 

このまま金利を上げると
日銀が赤字決算になるのが
背景にあるワケです。

ちなみにこれはアメリカも
同じような財務内容なので
アメリカにもリスクはあります。

 

 

中央銀行が赤字になると…

こういったリスクは実は
昨年くらいから言われてましたが
あまりメディアに流れてない情報。

しかし、資産運用に関して
リスク対策されている人はきちんと
把握していることもあって最近は
高値でも金を買う人が多い傾向。

 

赤字になるってことは
支出が収益を超過してしまい
資産を食いつぶしていくしか
生き残る術はない状況。

会社でいうとそれが続くと
倒産に繋がっていくワケですが
中央銀行が倒産するってことは
まずないかとは思います。

ではどうなるのかというと
その国の通貨の信用がなくなり
売りに走ることによる通貨安が
懸念されてしまうということ。

 

そうなることを回避するには
通貨の買い手を増やすために
金利を引き上げるしかありません。

そして、金利を引き上げると
先ほどのように日本のバランスシート
(貸借対照表)は損失が増えてしまい
赤字リスクが高まってしまうという
悪循環となってしまいます。

で、このまま赤字が続くと
財政破綻であったり更なるインフレ
このどちらかになるワケです。

 

そういった事態に備えて
資産の一部を金(ゴールド)に
変えて持つのです。

赤字が続くと通貨の価値は下がる…
インフレになると物価が上がる…

ということならばどちらにも
依存しにくい資産で持つことが
資産運用のリスクヘッジとなるので
金(ゴールド)が選ばれるということ。

 

もちろん金以外でも
株式投資など不動産など色んな
資産はあるかと思います。

ただ、金であればカンタンに
取引できるのがメリット。

銀行などの金融機関を通さず
国が管理する不動産登記簿なども
不要なので、面倒な手続きなしで
売買できるのが選ばれる理由なのです。

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド皇子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(8/14)の貴金属価格】
 ゴールド:8,567円/g(+0)
 プラチナ:4,627円/g(+0)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

<金運メッセージ付きゴールド開運純金名刺>

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-金を持つことの理由

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成をお手伝い , 2022 All Rights Reserved.