金の暗黒時代を過ごした方はウマミを知っている

投稿日:

1377 Gold

 

先日100gの純金バーを
売却したいということで
ご来店されたお客様。

購入したときの伝票を
現物と一緒に持ってたようで
見せてもらいした。

ご売却するときってのは
特に購入時の伝票は
必要ないんですけども
見せてくれたもので...。

 

で、購入時の伝票を
見せてもらうと日付は
なんと平成15年。

今から17年も前に
購入されてたようですが
値段をみてビックリ。

なんと今から約1/5ほどの
金相場だったのです。 

 

伝票に書かれた当時の
金相場は1,360円/gで
100g1本で約15万円。

今では考えられない相場で
金貨1オンスよりも安い
価格となってました。

↑しかも購入したのは弊社でした

 

当時はITバブルと言いますか
インターネットが普及した頃で
世界的にも好景気な時期。

そのため、資産として
金(ゴールド)が活躍する機会も
少ない時期でもありました。

いわゆる金にとっては
暗黒時代と言われた頃。

 

さすがに金価格が
1,000円/g台の時代は

もう来ないだろうなぁ
…と思いつつ暴落に少し
期待している今日この頃です。

 

 

これまでの金価格の
動きってのはよく接客でも
聞かれることがあるので
こんな資料で説明してます。

このグラフは年度毎での
平均価格をグラフ化したもの。

なので動きを見れば
日本で金取引が始まって
どんな推移かが分かります。

 

金価格がこれまでに
最も高騰した時期は
イラン・イラク戦争が
勃発した1980年頃。

戦争というだけでも経済的な
不安要素満載ではありましたが
当時は原油の産出というのを
中東に依存してました。

そんな中東地方で
戦争が起きたがために
当時のメインエネルギーである
原油の供給不足が世界経済の
リスクとなったのです。

 

今ではアメリカやロシア
カナダなどでが産出量を
世界リードしているため
そのリスクは減りましたが…。

 

その後のITバブル到来により
世界的に経済が潤うことにより
金価格も下がっていきました。

 

しかし、この金価格が下がったとき
イラン・イラク戦争の時期を
過ごした方は気付いたんです。

こんなに下がった金価格、
好景気は続くわけじゃないし
また上がるんじゃね?

…と。

 

まさに金(ゴールド)で
たまたま利益を手にした方は
そういった人達でした。

 

ただ、そんな時期もあれど
金(ゴールド)が持っている
本来の価値というのは
昔も今もずっと一緒です。

 

金の目的は

利益ではなく

守ること。

 

コレ、何十年も前に発行された
金(ゴールド)の専門書でも
伝えていることは同じですから…。

 

現在の金価格というのは
高値なので買い時でない
…かもしれません。

しかし、もし購入を
迷うことがあるなら原点に戻り
なぜ金を購入するのか?
ってのを思い出してください。

利益を出したいのであれば
他の資産商品に投資した方が
時間もコストも掛かりませんから。

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(6/11)の貴金属価格】
 ゴールド:6,628円/g(+28)
 プラチナ:3,271円/g(-43)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-金の価格変動要因

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2020 All Rights Reserved.