プラチナとパラジウムは反転するのか?

投稿日:

1740 Gold

 

何かと自動車ネタの多い
ヨーロッパですが2022年7月から
とある機能が義務化される
…という発表がありました。

その機能というのは”ISA”
Intelligent Speed Assistanceの略で
自動速度制御装置のこと。

速度の出し過ぎによる
死亡事故率を減らすために
開発された装置で日本でも数年前に
設計書が発表されたもの。

 

その装置がEUと周辺国において
全ての新型車には設置が
義務化されるということです。

このISAは車内のモニターに
現在走行している位置の
法定速度を表示することで
速度超過したら警告するもの。

 

僕が小学校の頃だったかな…
当時僕が乗った自動車では
時速が100km/hを超えると
ベルのような音が鳴りました。

その自動車は機械的に
どこでも設定された速度を
超えたら警告されたのですが
ISAは場所によって異なる
速度情報を拾って知らせるもの。

なので、100km/hで走っても
場所によって制限速度以内ならば
警告音がならないってことです。

 

自動運転化が進む中で
このISAは先駆けとなって
速度抑制という自動運転化の
一部を担う可能性もあります。

今のところはヨーロッパが
義務化を宣言しているものの
日本ではISA導入に関する
スケジュールは立ってません。

とはいえ、時間の問題だとは
思っているのでヨーロッパで
ある程度の実績が出た場合には
日本にも何かしらのカタチで
導入するのではと思います。

 

もしも速度超過を抑制する
機能が洗礼された暁には
速度超過による事故であったり
スピード違反がなくなる
可能性も出てきそうです。

交通死亡事故の約3割が
速度超過を占めるヨーロッパ。

そういった背景があるために
来年から義務化されたワケですが、
ホント僕が爺さんになっている
20年30年後はどんな自動車社会に
なるんでしょうね。

 

 

プラチナのご相談が多いです

ここ最近、金よりも
プラチナに関する相談を
たくさんいただいております。

というのも昨年3月頃は
2,300円/g台とここ15年ほどで
最も安い価格を出したプラチナ。

 

徐々に値段が上がってくるも
金(ゴールド)ほど高騰は見せず
一昨年のコロナ禍前とあまり
変わらないくらいでした。

それが今年に入ってからは
徐々に高くなってきており、
5年ほど前の水準にまで
戻ってきている期待感のため。

 

工業製品としての需要を
高くしめているプラチナは特に
自動車業界と密接な関係があり
脱炭素社会を抜け水素社会への
転換に必要不可欠な資源。

その先駆けとして自動車の
水素燃料化に期待されており
それが昨年末からジワジワと
影響している状況。

自動車といえばプラチナより
パラジウムの方が需要が高く
値段もプラチナの倍以上の価格で
マーケットは動いてます。

 

このパラジウムは自動車の
排ガスを浄化する媒体としての
需要が高い資源ではあるのですが
かつてのヨーロッパではプラチナが
メインに使われていました。

2000年に入り2010年頃まで
排ガス触媒ではプラチナメインで
それがパラジウムに交代して
今に続いているワケです。

 

2000年初期のプラチナは
約2,000円/g台で徐々に5,000円台と
高くなったのは宝飾品だけでなく
自動車に使われたのが背景。

しかし、高騰傾向にあった
プラチナに対し当時のパラジウムは
2010年頃までずっと1,000円/g台。

同じ白金族であり排ガス触媒としても
ほぼ同じ機能を持っているために
コストの掛からないパラジウムへ
シフトしていったワケです。

 

そして、現在のパラジウムは
約10,000円/gとプラチナに対して
約2倍の価格帯となってます。

このまま高コストな状況が
続いていくようであればまた
値段が安いプラチナにスイッチ
する可能性もあるワケです。

 

プラチナは自動車の需要が
大きく占めていますがパラジウムと
違う点は宝飾品としての需要も
持っている点にあります。

自動車需要ほどではないけど
そもそも産出量の少ない
プラチナで無視できることでなく
これはこれで影響するワケです。

 

もしも元のようにプラチナが
自動車に使われ始めたら
今より値段が上がる可能性は
あるってことですね。

そして、その頃の経済事情次第で
宝飾品需要が後押しする可能性も
あるってことです。

 

ちなみに私が投資目的で
運用サポートさせてもらってる
クライアントがパラジウムの
上場信託へお金を掛けることに…。

既に上がりきった感がある
高値圏内なのですが変動差の
大きさに惹かれての投資。

はてさてパラジウムの
行く末も無視できなくなりました。

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド皇子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(6/11)の貴金属価格】
 ゴールド:7,377円/g(+20)
 プラチナ:4,556円/g(-4)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

【今週の逸品】
ロンドン生まれのブランドHOXTON(ホクストン)のシルバーメンズリング。
直感力・行動力を高めると言われる”右手の中指”にはめると、アクセサリーとしての存在感も増しますよ。

素材:SV925(ロジウム加工)
詳細:https://www.mercari.com/jp/items/m17009775412/

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-プラチナの価格変動要因, パラジウム

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2021 All Rights Reserved.