淘汰か進化か?将来の明暗を分ける有事

投稿日:

1355 Gold

 

緊急事態宣言が
大幅に解除された5月。

宣言が発令され約2週間
余儀なく休業した日から
1ヵ月が経過しました。

休業中は助成金給付金、
補助金などあらゆる手を探り
対応できることをしました。

そして、それだけではなく
将来を考える時間にも充て
色んなことに頭を使いました。

 

中でも一番考えたのは
会社の事業のこと。

 

新型コロナが収束したところで
元に戻るには時間は掛かるし
戻らないかもしれない。

ただ、今の会社の資産を
使うことでなにがなんでも
生き延びる必要がある。

何をどう有効に使えば
今の状況を乗り切れて
未来を切り開けるのか?

 

そんなことばかりに
頭を使っていました。

 

今回の新型コロナでは
大きな打撃を受けたものの
本当に学びの多い有事でした。

まさに淘汰と呼ぶには
十分すぎる有事でしたが
何となく不要なビジネスも
見えて気がしました。

 

特に会議や打ち合わせで
頭角を現したウェブ会議。

 

少なくとも貸し会議室や
シェアオフィスなどがなくても
何とかなるというのが
浮き彫りになりました。

 

休業要請のために私も
休む時間がたくさんあったので
新たなビジネス手法を作りあげ
何とかカタチにできました。

リーマンショック以上に
様々な業種職種にダメージを
与えてくれた新型コロナ。

経済の低迷はよくないけど
ビジネスの見直しという観点では
これ以上にない機会でしたね。

 

 

売るものは根本的に同じ

今回のコロナで色々と
やり方やサービスの仕方など
変貌を遂げる結果となりました。

しかし、どんなビジネスも
根本的には提供する商品や
サービス自体は変わってません。

 

あくまでも
提供までのやり方、
プロセスが
変わっただけ

 

会議であれば直接会わず
ネット上であっており
話し合い自体の中身は同じ。

テイクアウトも一気に
流行りましたが結局のところ
注文する方法が変わっただけ。

 

そんな中でも金という資産は
商品だけでなくサービスも
従来からほぼ変わってません。

 

それはやはり金は

そのものに

価値がある

これに尽きるため。

 

もしも金(ゴールド)自体に
価値がなかったとしたら
ウェブ上での取引が増え、
店頭取引も廃れてたでしょう。

 

お客様からはよく
おたくでは銀行振込や
クレジットで買えないの?
…なんて聞かれます。

 

基本的に金融商品の
通信販売というのは
マネーロンダリング防止の
観点もあって大々的に
認められてません。

また、市場相場で
価格が変わることもあって
特に現物である金は
簡単にポチポチと取引が
できるワケでもありません。

 

そういった方に
オススメなのが純金積立。

純金積立のサービスの
ひとつにスポット購入という
方法があります。
(提供会社によってはないです)

 

これのスポット購入は
通常の定額分以外に
直接買い付けできる方法。

たとえば、値段が下がり
安いと感じた日があれば
来店不要で購入できます。

 

現物での金取引というのは
店頭での直接やりとりが
まだまだ主流な状態です。

そして、まだ当分の間は
このスタイルが続くでしょうね。

ま、高額品である金が
郵送ってなると手元に
届くまでのリスクもあるので
ちょっと怖いですけどね…

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(5/20)の貴金属価格】
 ゴールド:6,696円/g(+62)
 プラチナ:3,269円/g(+74)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-つぶやき

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2020 All Rights Reserved.