意外な【自然環境に眠る】金(ゴールド)。

更新日:

348 Gold

 

 

いやぁ、IT化が進んだ今、
文字を書くことってかなり
減った思いますがどうでしょ?

 

 

パソコンだと楽ですが、
どことなく心寂しい。

例えば年賀状をもらっても
プリンター印刷のみだと、
サラッと目を通しますが、
手書きの文字入りだと
つい読んでしまいますよね。

 

 

やっぱり、人の気持ちって
大切なんですよね。
特にカタチで残るモノは。

 

 

 

…ということで、先日、
筆ペン教室へ行ってきました。

 

 

 

講師は開運手書き師である
のりこ先生(ブログはコチラ↓)

 

 

僕は金の売買をしてるけど、
宝石店なのでジュエリーの
販売も行っております。

高価なモノを…ということで、
お客様にお礼の手紙を出す時は
極力手書きを心掛けてます。

 

 

ちょっとステップアップを
ということで筆ペンに
トライしようとした矢先に
募集された筆ペン教室。

教室といっても固苦しくなく、
お酒を飲みながら気軽に習う
大人のお勉強ですよ。

 

 

書いた文字は…

ココからは、
僕が書いた作品です。
(作品と呼べるほどでもないですが…)

 

まずは名前↓

上差し一番右はのりこ先生の書いた文字

 

 

いやぁ、「英」という漢字は
かなり苦戦しました。

そして、お次に書いたのは
もちろんコチラの漢字↓

 

 

各文字のポイントというか
バランス良くカッコよく見せる
コツを教えてもらいました。
…まだまだ改善の余地あり

 

 

金という文字は

金という漢字の成り立ちは
とある二つの文字の合体。

一つは「金属」の象形文字↓

 

 

 

 

もう一つは「土地の神様を
祀るための柱状に固めた土」の
象形文字↓

 

 

 

それが繋がって、
「金」という文字ができたと
言われております↓

 

 

 

土の中に眠る輝く貴金属
まさにその様が漢字となって、
現れているんですね。

 

そんな「金」っていうと、
去年(2016年)の漢字としても
選ばれてましたね。

 

 

実はほとんどの金は○○に埋まっている

土の中に埋まっている金。
確かにそうなのですが、
現在採掘されていない金って、
実はほとんど土ではないのです。

 

 

 

 

では、金が地球上のどこに
眠っているのかというとココ↓

 

 

 

 

そう。

なんです。

それも海底の更に奥
眠っているのがほとんどです。

 

 

海っていうとどうしても
出て来る問題。水圧。

【水圧とは】
水により生じる

物体へ及ぼす圧力。
深くなるほど圧力は増す。

 

 

この水圧が問題で
海底を掘削することは
なかなか難しいのです。

 

掘るだけならまだしも、
そこから金を抽出しないと
いけませんからね。

 

しかも海っていうのは
地球上の7割を占めてます。
掘ったからといっても
どこに金があるのかも
分かりませんので…。

 

 

 

 

 

まとめ

そんな過酷な場所から
金を掘り出すことは、
手間も掛かるし
コストも掛かる。

 

 

だから、海底に眠る金の
掘り起こしというのは
現在の技術力において
あまり現実的ではありません。

…ってなると、これからも
金の生産量はあまり
期待できないモノ。

 

 

 

生産量が増えないってことは
金の価値が更に高まる可能性を
秘めることに繋がります。

 

 

いつからか海底から
金を掘れる時代が来るのか?

 

 

海底の金を

掘り起こす。

 

 

これって可能性としては
かなり低いのですが、
金の価値が下がる
数少ない要因の一つです。

 

 

 

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

 

金のセミナー致します
資産用の金(ゴールド)を
世の中へ啓蒙発信する!
…という使命のため、
あなたの街で現物資産の
金のお話をさせて頂きます。
※ご用命はコチラへ一報ください
★★★★★★★★★★★★★

 

 

↑↑金の価格情報を毎日お届け↑↑

-金の価格変動要因
-, , ,

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2022 All Rights Reserved.