アレルギーや換金性を重視するなら純金のブライダルリングを

投稿日:

1165 Gold

 

超個人的なことなのですが
この7月中旬に髪の毛を
金髪にしたのですが、
訳あってやめました。

金を売っているという、
単純にそんな理由で髪の
色を変えてしまったこの7月。

 

もちろん30代後半の
おっさんの金髪なので
見た目に賛否両論はあれど
辞めたのは違う理由。

昔からアトピー持ちで
あまり肌が強い方ではなく
髪を染めてからというものの
顔がかぶれたり痒みが
出てしまったのです。

最初は食生活や私生活に
問題があるのかと思ったけど
特に当てはまる要因がなく...。

 

腫れた箇所というのは
染め始めてから、おでこや
首裏など髪がかかる箇所に
症状が出たので恐らく
そうかと思って断定。

染めてから3か月と
短期間ではありましたが
黒髪に戻すこととしました。

 

無念ではありますが、
一度金色に染めてからの
決断なので悔いはありません。

 

 

金属アレルギーのヒミツ!?

アレルギーを引き起こす
成分がひょっとしたら
入っていたかもしれない染色剤。

これは人によって
肌がかぶれやすい成分など
異なるので一概には言えません。

 

ただ、こういったアレルギーは
貴金属でもよくある話です。

ピアスやネックレスを
付けると赤くなってしまい
痒みやかぶれが出る
金属アレルギー。

 

人体に反応しやすい
主な金属は鈴や銅、
ニッケルがあります。

その反面で反応しにくい
金属としては金やプラチナ、
チタンがあります。

 

ただ、これらの金属は
人が身に付けるジュエリーだと
違う貴金属と混ぜて硬さを
調整するケースがほとんど。

その際の違う貴金属により
アレルギー反応の頻度が
変わってしまいます。

 

そういったこともあり
金やプラチナを使った
指輪を作る方の中には
あえて純金・純プラチナで
オーダーする方もいるほど。

純度が高いとその反面で
柔らかくなるという
デメリットも出てきます。

 

ただ、指輪であれば
変形してしまったとしても
切れたり欠けるワケでないので
すぐに直すことができます。

純度が高いってことは
アレルギーや柔らかさだけでなく
含有量が多いため換金した時の
価値が高いことを示します。

 

特にドバイや中国、
インドでは純度の高い
換金性の高いジュエリーが
好まれる傾向にあります。

 

これはアレルギーでも
柔らかさでもなくまさに

換金性が高いため

 

ドバイやインドがある
東南アジアでは金製の
ジュエリーも資産として
扱われているため純度が
重要なポイントなのです。

 

日本ではそういった
価値で見られることは
ほぼありません。

ただ、ジュエリーも
高い純度のモノを持つことで
換金性を高める持ち方で
集めるのもひとつの手。

 

結婚指輪の素材として
日本ではよくプラチナが
選ばれることが多い傾向ですが
特に素材に決まりはありません。

素材こだわりがないなら
純金や純プラチナで作るってのも
ひとつの手ではあるのです。

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(11/11)の貴金属価格】
 ゴールド:5,690円/g(+1)
 プラチナ:3,539円/g(+11)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-つぶやき, 結婚指輪

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2019 All Rights Reserved.