資産を残したいけど塊ではちょっと…

投稿日:

995 Gold

 

以前、お客様から要望があり
お作りしたジャイアンツロゴの
オーダーリング。

1000種類以上ある
カープグッズに対して
他球団って本当にグッズが
少ないようです。

 

ファンの人数割合からすると
圧倒的にカープよりも多い
ジャイアンツやタイガース。

カープ女子は増えれど
絶対数からすると全然
カープは少ない方なのです。

 

で、今回はカープ球団に
承認いただいた商品をナカオカで
販売していたのですがそれを
ジャイアンツでも作れないか?
ってことでオーダーされました。

 

このオーダーリングは
お客様から注文いただき
サイズやら指馴染みなど
設計段階から携わった品。

お客様と時間を掛けて
一緒に作ってきたのもあり
オリジナル商品ってのは
やはり思い入れがあります。

 

そんなことがあった矢先、
ペンダントとしても身に付けて
野球観戦したいってことで
リフォームの注文をいただきました。

 

広々とした野球場で
どうせ観戦するのであれば、
ユニフォームだけでなく
身に付けるものも
楽しみたいですからね。

 

 

身に付けることもできる資産

ジュエリーというのは
ジャイアンツジュエリーのように
身に付ける…という目的が
メインの商品です。

しかし、素材次第では
身に付ける以外の価値を
持つことにも繋がります。

 

よくジュエリーとして
身に付けられる貴金属には

金・プラチナ・銀

の3種類があります。

 

ではこの中で素材価値が
最も高いのはどれでしょう?

ほとんどの方は金やプラチナと
応えるのではないでしょうか?

 

まさにその通りですが
逆に最も素材価値が低いのは
言わずと知れた銀(シルバー)。

では、金・プラチナと銀では
価値を決める要因として
どんな点で異なるのか?

 

それは銀だけ錆びない、
変色しない不変性という
特徴があるけど、そもそも
稀少性で見ると一目瞭然。

年間の鉱山生産量を比較すると
銀の稀少性は全然低いのです↓↓

金:3,247t

プラチナ:180t

銀:26,502t

※TOMSON・REUTERS GFMS社レポートより
※2017年度鉱山生産量

 

時として一生身に付ける
ジュエリーは大事な宝物として
満足感を高めてくれます。

そして、素材にも
こだわることによって
資産にもなります。

 

特に昔から内戦の多い
中国やインドでは常に
高価なものを身に付け
いつでも逃げれるように
していた風習がありました。

 

そのため、金(ゴールド)の
世界需要として最も高い
宝飾品に関しては
中国とインドがほとんど
この割合を占めております。

 

当然ながら資産用として
扱われているバーやコインに
比べるとその換金性は
叶うものではありません。

しかし、先ほどのように
資産は身に付けて残す
…という風習がある国が
今なお存在するのも事実。

 

資産を残すからといって
無理やりインゴットやコイン
というカタチで持たなくても
良いのではないでしょうか。

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(5/24)の貴金属価格】
 ゴールド:4,938円/g(+12)
 プラチナ:3,155円/g(-21)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-つぶやき, こんな使われ方も

Top

Copyright© 守りの資産の金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成をお手伝い , 2019 All Rights Reserved.