法人名義で金を買うときは印鑑証明書を!

投稿日:

1481 Gold

 

昨年から法人名義で
地金を購入された場合には
弊社の印鑑証明書を
渡すことになってます。

最近は相場の兼ね合いや
私の情報発信もあるせいか
法人で購入いただく
ケースが増えてきました。

で、その場合には
印鑑証明書を渡すのですが
だいたいの方が
なんでこれがいるの?
…と質問されます。

 

法人名義での取引で
急に配布する事となった
この印鑑証明。

これがないと
実は大変なことに
なってしまうのです。

 

ということで
法人名義の購入取引で
なぜ購入店舗の印鑑証明書が
必要となったのか?
をシェアしたいと思います。

 

 

金は消費税対象商品

これは遡ると金という
商品が課税対象であることに
要因がありました。

インゴットや金貨には
消費税が課税されますが
これは購入するときだけでなく
売却するときにも掛かります。

消費税は物品税とも言われ
ご存じの通り業者が一時的に
受け取り政府に支払うべき税金。

普段何気なく買っている
商品の消費税分というのは
販売業者を通して政府に
後ほど支払われます。

 

ということは消費者が
持っている金を売却しても
消費税が発生するので本来ならば
その分を政府に払わなければ
いけない道理になります。

しかし、金の場合は
資産商品であるがために
売却した場合の消費税は
支払わなくてもよい
決まりになってます。

 

で、もしこれが
法人の場合でお伝えすると
金の売却益は事業所得扱い
として処理されます。

 

 

購入店舗の印鑑証明がないと…

たとえばの話ですが
とある文房具店が鉛筆を
販売する場合には仕入額と
売値の差額が利益となります。

そして、その場合には
仕入額の消費税分と
売値の消費税分の差額を
政府に支払う必要があります。

通常ならこういった
事業所得と同じ括りですが
金(ゴールド)を売買したときの
消費税分は個人扱いと同様で
支払う必要はありません。

 

しかし、支払わなくて良い
証拠としてこの度のような
書類が必要となりました。

 

そのため、法人名義で
資産用の地金を購入するなら
購入店舗から印鑑証明を
受け取っておかないと…

消費税を支払うよう

税務署から指示される

可能性があります。

 

ちなみに購入時の伝票は
あくまでも商品の中身の話。

購入した店舗を証明できる
書類とは扱えないので
購入店舗の印鑑証明書が
必要となりました。

 

買うときも売るときも
どちらも消費税が掛かるなら
非課税にすればいいのに…
とつくづく思います。

金の密輸もこれで
消費税非課税によって
一発で解消されます。

今さら辞めれないでしょうが
消費税課税したところで
メリットはないんですけどね~

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(9/24)の貴金属価格】
 ゴールド:6,994円/g(-140)
 プラチナ:3,253円/g(-128)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

【今週の逸品】
「革新」という宝石言葉を持つブラックダイヤモンド。
願い事が叶うとされる親指につけることで相性が更にアップするボリューム感あるメンズリング。

素材:Pt900、天然ブラックダイヤモンド
詳細:https://nakaoka.official.ec/items/32728191

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-取引時の注意事項

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2020 All Rights Reserved.