選ばれるは基軸通貨か?安全資産か?

投稿日:

1437 Gold

 

私の友達は将来に対する
意識の高い人が多いので
資産運用や投資へ積極的に
取り組んでいる方ばかり。

そんなこともあって、
何かとご飯を食べながら
集まるとそんな話になります。

特に最近は株も不安定
通貨も微妙、金は高騰、
と話すネタは色々あるので…。

 

で、そんな友人たちが
こぞって持っている資産が
アメリカの通貨ドル。

将来高騰するとか、
そんな話ではないようですが
何かあれば円より安心でしょ
…ってことで持っているのです。

 

世界の中心的存在アメリカ
その通貨ドルは金融の基軸です。

何かあればドルによって
標準値が決まってます。

 

カナダはカナダドル
オーストラリアは豪ドル
香港も香港ドル
…など通貨名にドルが
使わている国も多いですしね。

 

ドルは世界金融の基軸だから
持っておいて安心ってのは
よくある一般論かと思います。

ただ、私の友人のひとりは
それだけではなく日本のとある
状況を考慮しての運用でした。

 

島国である日本は
加工・製造は得意ですが、
そもそも資源が限られた国。

他国の協力無くしては
成り立たないモノが多い状況。

 

そういった状況であるため、
他国との関わりが重要であり
時間と共にその繋がりも
増えるのは明らかなこと。

では海外とのビジネス取引で
決済はどの通貨が基軸となるのか?

 

ほとんどは世界金融の基軸である
ドルがであるため、必要性が
ますます高まるという見方でした。

 

私の資産状況を話しますと
外貨通貨はルピアとドンのみ。

友人の話を聞いて少しは
ドルを持っておこうかな~と
心に決めた次第です。

 

 

世界の基軸がなくなったら…

ここ数ヶ月で起きている
金(ゴールド)の高騰現象。

これは単純に金が
ガンガン買われており
需要が高いから値段も
上がっているのが背景です。

 

で、どんな人が金を
購入しているのかというと
投資家による需要。

そして、ルを手放して
金(ゴールド)に手を出す
という投資家が圧倒的に
増えている状況なのです。

 

ではなぜ、このタイミングで
ドルを手放して金を買うのか?

 

それはドルの発行国である
アメリカの現状にあります。

新型コロナウイルスで
経済的に大打撃を受けている
世界一の国アメリカ。

色んな施策を講ずることで
企業や国民を守っていますが
何にせよ必要なのはお金。

 

そのお金を国のために
使いまくっているがために
これまでにない金融政策を行い
投資家の不安材料となってます。

 

これは既に5月ぐらいから
世界の名立たる証券会社や
投資会社、金融系企業が
予期していた状況。

世界基軸であるドル、
それが危ぶまれており、
金が買われているのです。

 

金(ゴールド)の価格が
上がってきているのは
当然の結果であったのです。

とはいえここまでの
高騰っぷりは意外でしたが…。

 

いかに信用ある通貨といえ
所詮は人によって造られたもの。

金融政策で目の前で
作られているお金より
人の手では作れない金の方が
信用できるという判断なのです。

 

やっぱりドルでなく
金で持っておこうかな~
…と気持ちを改めた次第です。

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(8/10)の貴金属価格】
 ゴールド:7,653円/g(-45)
 プラチナ:3,700円/g(+8)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

【今週の逸品】
ティンクルカットで輝きをどこにも逃がさず光を放ち続けるリング。
喜平ネックレスやブレスレットとの相性抜群な逸品です。

素材:K18YG
詳細:https://nakaoka.official.ec/items/32518844

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-つぶやき

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2020 All Rights Reserved.