仮想通貨よりも金が認められている国

投稿日:

912 Gold

 

最近技術が使われる中で
逆流する地域もあるようで
昨年流行した仮想通貨が
使用禁止となっている国が
あるのをご存知ですか?

 

その国とはベトナム

 

一昨年の2017年10月末から
ベトナム中央銀行は仮想通貨が
合法的な取引通貨でないとし
発行や使用は禁止となりました

 

ちなみに法律も制定されており
違反した場合には罰金するよう
処罰が決まっているのです

これは今だ変わらず進行中で
何かの売買や学費などの
支払いで仮想通貨の使用は
禁止のままなのです

 

日本では肯定的な見解で
アジア圏内において仮想通貨の
やりとりが活発な方です

 

しかし、ベトナムであったり
中国・韓国、ネパールや
マレーシアも禁止されており
非合法となっているのです

 

これはやはり
通貨として信頼性がない
というのが一番の理由

 

見えない資産よりも手元にあり
いつでも換金・交換できるのが
通貨としてあるべき姿だから
…というのが見解なのです

 

そんな仮想通貨が認められてない
国でもこぞって信用されているのは
資産用として持たれている金なのです

そんな金に関して、
ベトナムへ旅行された方から
お問い合わせを頂戴しました

 

 

ベトナムで購入した金製品

どんな問い合わせかというと
ベトナムで買ったジュエリーを
手放したいという内容

結構ケースがチープだったので
ひょっとしてこれって
金ではないのかもしれない?
ってことでお持ちになったのは
ピアスとブレスレット

 

そんなジュエリーが
入っていたケースというのは
この通りプラスティックの
ちょっと怪しいものでした

↑ジュエリーが入っていたケース

 

ちょっと怪しいかな…
なんて思っていましたが
ジュエリーの方は鈍く金色に光る
きちんとした作りでした

↑純金製のピアスでした(999.9刻印入り)

 

東南アジアの方での金は
お金と同様にみられるほど
信用されております

それこそ、場合によっては
お金よりも身に付けている
金のジュエリーの方が
信用されるほどです

 

ちなみに今回お預かりした
ジュエリーもきちんと
純金判定が出ておりました

 

仮想通貨がNGな地域ほど
実物の金(ゴールド)の方が
好まれている傾向にあります

まぁ、よく考えてみれば
画面上のお金より手元で
ズッシリした重さの金を
持つ方が安心できますからね

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(3/2)の貴金属価格】
 ゴールド:5,077円/g(-37)
 プラチナ:3,440円/g(-18)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-金を持つことの理由

Top

Copyright© 守りの資産の金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成をお手伝い , 2019 All Rights Reserved.