無病息災になる?!金の棒を使った療法!

投稿日:

1533 Gold

 

商店街恒例行事である
いのこ祭りの運営として
先日参加してきました。

いのこ祭りは毎年
11月に開催される祭りで
遡ると平安時代から
受け継がれてます。

無病息災や商売繁盛、
子孫繁栄に五穀豊穣を願って
囃子歌を歌いながら
亥の子石をついて巡る行事。

 

♪い~のこ いのこ
いのこ餅ついて

繁盛せい 繁盛せい
よ~い よ~い よ~い♪
…という歌にのって
石を地面に突くお祭り。

このお祭りは主に
西日本で行われてますが
特に中国地方は他に比べて
活発的なお祭り。

昔、火事が多かった広島は
亥の子の季節の11月(旧暦10月)に
こたつを出す習慣があり、
火の用心の意味を込めて
行われた経緯もあります。

 

本来であれば、更に大きな石を
地面に突く大いのこ祭りも併せて
開催予定ではありました。

ただ、大いのこ祭りは屋台などの
出店も関係することもあって
この度は新型コロナウイルスの
関係によって中止となり、
いのこ祭りだけとなりました。

 

重さ1.5tの大きな石を
竹の力だけで持ち上げる
大いのこ祭りは毎年市長が
訪れるほど盛り上がるお祭り。

夜にはライトアップされ
音楽とアートが融合された
イベントも予定されてました。

状況が状況なだけに
やむ無しではありましたが
ちょっと寂しい気はしましたね。

 

とはいえ、今回の
いのこ祭りでしっかりと
お詣りしたので一刻も早く
新型コロナウイルスには
どっかへ行って欲しい限り。

 

 

無病息災に使われる金

と、無病息災を祈って
行われたいのこ祭り。

実はこの無病息災ですが
純金が使われた療法があるのを
ご存知でしょうか?

 

これは私の整体師の
友人から聞いた話であり
実在する療法。

その療法というのが
ごしんじょう療法と呼ばれ
地球と電気的に繋がることで
健康促進するアーシングという
健康法のひとつ。

これだけ聞くとやはり
怪しさ満点ではありますが
人間に流れる生体電流を
整えるという感じです。

 

で、ごしんじょう療法に
使われる道具というのが

純金

なのです。

 

ごしんじょうというのは
金の棒のことを指しており
身体中をさすり、押さえて
病気の根源である邪気を
払うという療法。

良い部分は何も感じず、
悪い部分は痛みを感じたり
くずぐったくなるなどの
反応が出るようです。

 

ただ、この療法ですが
理論的に科学的に原理が
解明されてない様子。

その反面、実績は多く
この療法を生業とする
整体師がいるのは事実。

 

最近は身体のガタが
とても多いので、この
ごしんじょう療法を
受けてこようかと思います。

施術で使われるという
金の棒(ごしんじょう)も
現物で見てみたいですしね。

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(11/15)の貴金属価格】
 ゴールド:7,046円/g(+0)
 プラチナ:3,388円/g(+0)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

【今週の逸品】
GrandSeiko(グランドセイコー)のレディースモデル。
高精度だけでなく、心地よい装着感、耐久性を兼ね備えた黒文字盤のシンプルデザインです。

ブランド:GrandSeiko
詳細:https://nakaoka.official.ec/items/34744336

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-貴金属トリビア

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2020 All Rights Reserved.