金貨はブランド、インゴットはブランドと品質

投稿日:

1913 Gold

 

初めて来店された方には
必ず聞くことがあるんです。

それはなぜナカオカへ
来店されたのかという理由と
どう探したのかという情報。

 

一番探す方法で多いのは
田中貴金属のHPに掲載された
弊社を見て来店されるケース。

で、もうひとつはこの
ブログを発見されて来店や
事前電話をいただくケース。

では検出したところで
なぜ来店されたのか理由を
聞いてみるとこれもふたつ。

 

ひとつめは田中貴金属工業の
特約店であるから価格面でも
品質面でも安心できるから。

そして、もうひとつの理由は
ナカオカが老舗であるから。

 

金業界では有名な田中貴金属は
ネットで検索したらほぼ必ず
その名前にぶつかります。

というのも田中貴金属は
地金商として歴史も古いし
世界的に技術力が認められ
認知度が高い企業であるため。

安心ブランドであるので、
その商品を目的としてる方は
ほぼ間違いなく選ばれるのです。

 

もうひとつの理由である
弊社が老舗だからというのは
”何かあっても相談しやすいから”
”今後もずっと老舗として残る会社”
…という言葉が多かったです。

何十年も同じ仕事を続けて
同じ場所で事業を展開して
信用を勝ち取っているから
初めてでも安心して取引できる
なんて理由で選んでいただけてます。

 

 

歴史があるほど信用も高い

歴史というのはどれだけ
会社の規模が大きかったとしても
お金で買えるものではありません。

地道にコツコツと経営した結果で
長ければ長いほど信用度に繋がります。

これは会社でもそうですが
商品に関しても同様のことです。

 

健康ジュエリーっていうと
出ては消えての繰り返しで新たな技術が
誕生すれば新商品も出てきますが
弊社で販売しているアイシリーズαという
健康ジュエリーは30年以上のロングセラー。

それだけ効果や実績があって
信頼されている商品ということ。

…で、金(ゴールド)も同様で
特に造幣局が発行している
地金型金貨も歴史の長さに
流通量も比例しています。

 

弊社で販売している
メイプルリーフ金貨と
ウィーン金貨ハーモニーの
2種類の地金型金貨も
30年以上の歴史があるもの。

発行以来デザインも
目立った変更はされておらず
素材や形状は全く変更なし。

その実績が世界で流通量の多い
地金型金貨TOP2の座に君臨させた
背景にもなっているワケです。

 

メイプルリーフ金貨と
ウィーン金貨ハーモニーについて
詳しくは動画をご覧ください↓↓

 

 

ちなみに製造元が企業である
インゴットは金貨と違って
古ければいいってワケではありません。

その技術が認められており
知名度の高さも重要となります。

 

政府機関の造幣局と違い
インゴットを製造する企業は
歴史だけでなく技術力であったり
周囲に認められることも必要。

そのためLBMAや取引所に
認められていることが品質の証に
なるということです。

 

老舗って聞くといろいろと
入りづらかったり古臭いという
イメージがあるかもしれません。

しかし、どれだけ規模が
大きい会社とはいえ起業から
数年しか経ってないのであれば
老舗となることはできません。

先日来店されたお客様も
”ナカオカさんは老舗だから選んだのよ”
という嬉しい言葉をいただきましたが
本当にうれしい限りの言葉ですね。

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド皇子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(12/1)の貴金属価格】
 ゴールド:7,164円/g(-92)
 プラチナ:3,881円/g(-137)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

【今週の逸品】
ダイヤモンドをミラーカットされたプラチナが囲う珍しいデザインのネックレス。
シンプルながらもプラチナがダイヤモンドを更に惹きたて、眩しいばかりの輝きを放ちます。

素材:Pt850、天然ダイヤモンド(0.30ct、IF、Lカラー、3EX)
詳細:https://nakaoka.official.ec/items/54985356

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-つぶやき

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2022 All Rights Reserved.