金を海外に持ち出すならまずはココへ相談!

投稿日:

1135 Gold

 

先日、このブログの
お問い合わせフォームから
こんな質問をいただきました。

 

今度海外に金地金を
持ち運ぶことになったけど
持ち込みや現地での扱いで
注意することはあるのか?

 

ということで
まず大切なのは

税関

 

日本から持ち出し
海外へ入国する際には
税関を通る必要があります。

 

日本へ持ち込む場合には
消費税分(10%)の関税を
支払う必要があるけど
国によって異なります。

持ち込みたい国によっては
日本の10%を下回る国があれば
上回ってしまう国もあります。

 

なので原則的には
関税がどれほど掛かるか?
っていうと現地の税関に
聞いてもらうしかありません。

しかし、現地に電話ってなると
国際通話になって面倒だし、
そもそも言葉も通じません。

ではもしそういった
海外の現地情報を知るには
一体どこに連絡すれば
良いのでしょうか?

 

実はそういった海外の
情報をとりまとめている
団体が日本にはあるのです。

 

その団体というのが
JETRO(ジェトロ)

 

このJETROは
日本貿易振興機構のことで
対日投資の促進や中小企業等の
海外展開支援を行う団体。

70か国を超える海外事務所と
連携していることもあって
たいていのことはJETROに
聞くことで解決できるのです。

 

日本の関税は消費税分と
定められているので、
もしも1000万円分の金を
持ち込むと100万円の
支払いが必要となります。

この関税金額が
バカにならんので密輸も
減らないのでしょうが…

 

今回のお問い合わせの
経緯は海外へ居住地を移す
…という理由があったため。

なので関税だけでなく
現地での取り扱いなども
知りたかったのでした。

 

金という資源は
世界中どの国でも
通用する資産です。

なので、日本国内では
価値のある円であっても
海外での価値は円と金で
全く異なります。

 

もし、あなたがお金持ちに
100万円分のユーロと金の
もらえるならどちらを選ぶ?
って話です。

 

ほとんどの方は
日本で通用しないユーロより
金を選ぶかと思います。

 

お金以上に価値のある金は
世界中のどの国でも通用する
金融資産であるために
運搬やセキュリティなどの
扱いには注意が必要なのです。

国によっては資金洗浄や
テロ資金供与対策として
ほとんどの国で制度が
定められています。

 

金を資産として正しく
使おうとしているにも限らず
あらぬ疑いを持たれては
手間と面倒が掛かるだけです。

 

海外のことは海外の
プロフェッショナルである
JETROにまずは相談することを
オススメいたします。

JETRO貿易投資相談↓↓

[blogurl="https://www.jetro.go.jp/services/advice/"]

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(10/12)の貴金属価格】
 ゴールド:5,737円/g(+6)
 プラチナ:3,528円/g(+2)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-つぶやき

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2019 All Rights Reserved.