医療用治療用にも使われている金(ゴールド)

投稿日:

1076 Gold

 

8月に入って最初の水曜日、
出張で博多へ行ってきました。

今回の出張の目的は
取引先商社さんの企画展。

 

毎回面白い企画を
準備してくれるので、
その情報収集です。

今回も目移りしそうな
ジュエリーであったり
身体への変化を即体験できる
魅力的な商品に囲まれた企画展。

 

初めて見るブランドとの
出逢いもありまして、
たくさんの収穫でした。 

スペインのブランド
MAGERITの作品は全て
物語に登場した生き物を
実写化したジュエリーデザイン。

馬や龍などが目の前に
出てきそうなほど繊細に
施されたジュエリーでした。

 

健康商材に至っては
救急車にも設置されている
高濃度マイナスイオン発生器、
衝撃によりマイナスイオンが
飛び出る特殊加工の布団。

 

なんだかお客様に
喜んで頂けそうな商材が
たくさんあったので、
ニヤニヤしながら年間の
計画も立ててきました。

 

そんなジュエリーで
ちょいと面白い作りのモノが
あったんです。

それはガラス細工の中に
純金を粉状で吹き付けた
何とも幻想的なペンダント。

見る者を魅了する
そのデザインは金には
見えないような作り。

なので業者さんから
商品説明を聞いたときは
本当にビックリしましたよ。

 

純金は作り方次第で
小麦粉クラスのサイズまで
細かくできる貴金属。

手間暇掛かるけども
金でしかその見た目を
実現することはできないため
金箔と並んで昔から
重宝されているようです。

金の新たな一面を
知ることができた、
そんな展示会でした。

 

 

現物の金といっても…

先日ご来店されたお客様が
こんな物をお持ちになりました↓↓

 

そう、ご覧の通り
金歯です。

 

なぜ金歯をお持ちに
なったのかというと
もう使わなくなったため。

 

なぜ使わなくなったかというと
歯に使われる素材として
セラミックであったり
ジルコニアが増えたため。

金(ゴールド)よりも
金属アレルギーに強く
強度もあって劣化しにくいため
徐々に需要が高まったのです。

 

そして、何より金歯需要が
落ちていってしまったのは

見た目が悪い

保険適用外

…という背景がありました。

 

金に変わる見た目の
白い代替品が出てきたので
徐々に歯科用としての需要は
下がっていったのでした。

 

ただ、いまだに金は
医療用として使われてます。

たとえば、関節リウマチの
治療剤やコーティング剤、
最近ではがん治療用としても
使われた実績があります。

 

では、なぜ医療用に金が
使われれているかというと
耐食性に優れて人体への
影響が少ないため。

また、長期間経っても
劣化することがなく、
人体に馴染みやすい柔らかさ
…という特徴もあったため、
医療との相性が良かったのです。

 

歯科業界では需要が
落ちつつある金ですが、
それ以外の医療分野では
まだまだ需要はあります。

ひょっとしたら医療技術が
進歩することで需要が大きく
伸びる可能性もあり得るのです。

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(8/14)の貴金属価格】
 ゴールド:5,569円/g(+12)
 プラチナ:3,267円/g(+18)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-資産用の金(金地金)

Top

Copyright© 守りの資産の金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成をお手伝い , 2019 All Rights Reserved.