かつて金を自由に売買できなかった国

投稿日:

1784 Gold

 

一時期はめちゃくちゃ
流行りに流行ったClubhouse。

声だけで発信できるのと
紹介制でないと使えない
限定性を備えて話題になったSNS。

TwitterやInstagramで
「誰か紹介してください」
というコメントがあったのも
もはや過去の話です。

 

そのせいなのか久々に
アプリを開いてみるものの
Roomも数も少なく…。

ちょっと前に友達と
Clubhouseで雑談したけど
それっきりとなってます。

私の知り合いもほとんど
今は使ってないんだよね~
という言葉ばかりでした。

 

紹介してもらえないと
使うことができないという
ちょっとしたプレミア感。

そして、著名人と
会話というコミュニケーションで
カンタンに繋がることが
魅力だったClubhouse。

最近は芸能人よりも
ビジネスで有名な方が多く
使っている印象ばかりですが
日本は他国より音声メディアの浸透が低く
中途半端な需要っぽい気もします。

 

そんなClubhouseの
招待制といえばmixiがあったけど
こちらも今はログインすら…。

招待制度というのは
爆発的に増やす要素としては
向いてるかもしれませんが
よほどの魅力的なコンテンツでないと
流行の維持は難しいかもしれません。

 

全世界にリリースされているので
サービスが無くなりはしないだろうけど
FacebookやInstagramに
並ぶほどではないかなぁ…と。

日本でラジオを聞いてる人は
だいたい10%ほどと言われており
音声ツールの普及は日本において
難しいと言われていますしね。

そんなClubhouseはリリース以降、
その音声データが中国企業に筒漏れ
…といった情報で騒がれました。

しかも、その中国では
Clubhouseの利用が禁止と
なってしまっている始末ですし。

 

 

かつては取引できなかった国

そんな中国は今だと
金(ゴールド)が好きな国!
な印象があるかと思います。

金のジュエリーを好み、
政府も近年は金保有に積極的に
取り組んでいる背景があるので…。

 

しかし、かつては国内で
金取引が制限された時期も
あったのです。

とはいえ金と言っても取引が
制限されていたのはインゴットなど
資産用としての金(ゴールド)。

ジュエリーに関してはOKだったけど
一部の金製品は個人が持つことが
許されていなかったのです。

 

それが世界貿易機関加盟を機に
個人取引が自由化となったこともあり
上海には金取引所が開設。

取引所開設を皮切りに中国国内では
金取引を認める銀行も増やし
金市場の活性化を行いました。

 

そんな中国も今は基軸通貨の
地位獲得のために人民元の強化と
世界共通の価値を持つ金(ゴールド)を
集めることで自国資産を強化してます。

政府中心で金購入に踏み込んでますが
自由化を認めたのも国内への金集中を
目論んでいる背景がありそうですね…。

 

ちなみに久しぶりに
Clubhouseを開いてみるも
フォロワーがガクッと減ってました。

使ってなかったのでひょっとして
削除されたのかもしれませんね。

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド皇子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(7/25)の貴金属価格】
 ゴールド:7,111円/g(+0)
 プラチナ:4,248円/g(+0)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格
 ※市場休業のため、土日は同一価格

 

【今週の逸品】
喜平チェーンがついたフックタイプのゆらゆら揺れるピアス。
耳元で大きく揺れるのでお顔を引き立たせたいときにお役に立てるアイテムとなってます。

素材:K18イエローゴールド
詳細:https://jewelry-nakaoka.stores.jp/items/60dd3e71c3289c0397fce951

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-つぶやき

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2021 All Rights Reserved.