大学共通入試に出題されたソブリン金貨

投稿日:

1603 Gold

 

毎年この時期になると
高校生にとって恒例となる
行事の大学入試共通テスト。

この試験問題は毎年
開催後に新聞掲載されるので、
どんな問題が見るのか
実は密かな楽しみ。

といっても数学や
物理などはほぼ分からんので
英語や世界史に日本史くらいしか
見てはいませんがね。

 

と、そんな世界史の問題で
イギリスに関する内容が
取り上げられいたのですが中に
金貨を題材した問題がありました。

 

その問題というのは
ソブリン金貨に関連するもの。

 

ソブリン金貨というと
イギリスが発行した、
世界初の無制限金貨で
唯一無二の存在。

地金型金貨としては
15世紀から20世紀と続き
最も長く使われたもの。

当時の君主が変わる度に
金貨の刻印も変えて発行され
種類の多い金貨として歴史上でも
有名な金貨でもありました。

 

で、その問題とは
1852年鋳造のソブリン金貨に
打刻された肖像の君主が
あげた事績はどれか?

…というもの。

問題には金貨の写真も
掲載されてましたが
名前部分は
隠されていました。

で、答えは4つからの選択式。
①インド皇帝に即位した
②グレートブリテン王国を成立した
③統一法を制定した
④ハノーヴァー朝を開いた

 

数年前に私のブログで
ソブリン金貨に関してチラッと
触れたことがありました。

そのときのブログには
直接的な答えはなかったけど
その際にソブリン金貨のことを
調べたので何とか正解。

 

というワケで今年の
大学センター試験の世界史で
出されたこの問題の答え
分かりますか?

 

 

 

 

 

この金貨に刻印されている
女性はヴィクトリア女王で
現在のイギリス女王である
エリザベス2世の高祖母。

世界各地を植民地化して
繁栄の礎を築いたとされる
大英帝国象徴の女王。

1876年にインド女帝に即位し、
インド皇帝という別号も
持っていた方です。

 

語ると長くなるので
ヴィクトリア女王に関する
詳しい情報はwikiをご覧ください↓↓

 

ということで答えは

①インド皇帝に即位した

でした。

 

今回のソブリン金貨は
冒頭でお伝えしたように
使われた歴史が最も長い
地金型金貨です。

15世紀から使われているので
古い物だと材料の価値だけでなく
稀少性としてのアンティーク性も
持ち合わせた金貨でもあります。

 

金本位制度の廃止で
一度は製造されなくなった
ソブリン金貨ですが1974年から
再度、製造・販売されてます。

これだけ珍しい歴史の
詰まった金貨というのは
珍しいもんです。

 

 

ちなみに今年の問題には
ダイヤモンドに関するものも
出題されていました↓↓

僕が高校時代だった頃に
無かった気がするのですが
ジュエリー業界にとって
こうった情報が認知されるのは
嬉しいことですね。

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(1/24)の貴金属価格】
 ゴールド:6,883円/g(+0)
 プラチナ:4,129円/g(+0)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格
 ※市場休業のため、土日は同一価格

 

【今週の逸品】
イタリアの老舗ブランドUNOAERRE(ウノアエレ)のピアス。
ぶら下がったデザインなので動きを出して、さりげなくアピールしたい方にオススメです。

製品番号:1062326
詳細:https://jewelry-nakaoka.stores.jp/items/5fa7b121f0b10847a5db9297

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-貴金属トリビア

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2021 All Rights Reserved.