RVやGCRの影響下にある通貨と金の違い

投稿日:

1388 Gold

 

知り合いから
とある国の通貨を
持ってたら良いよ!
…と言われ購入。

その国というのは
発展途上国なのですが
近い将来的にRVが行われ
お金の価値が変わるそうです。

 

ちなみにRVというのは
通貨評価替えの意味で
Revaluation of Valuesの略。

GCR(世界通貨改革)の
一環としての政策であり
通貨の価値が変わる!
…というものです。

 

ただ、このRVは数年前から
言われていることであり、
ネットでも情報は多数。

この真偽は分かりませんが
まぁ、現金が手元に残るので
いっちょうやってみるか!的な
ノリでやってみました。

とはいえそこまで
大金を掛けるワケでもなく
資産分散としてですがね。

 

ただ、その通貨が当初は
どこにも売っておらず、
都銀や空港の両替所も
こぞって売り切れ。

何とか手に入りましたが、
これはみんな要チェックって
ことなのでしょうかね…。

 

 

通貨の価値が変わる?!

とはいえ、今回の
RVやCGRなどの施策が
行われるかどうかなんて
誰にも分かりません。

数年前からのやるやる詐欺で
ネット上にも色んな情報が
交錯している状況なので…

試しにTwitterで検索すると
わんさか情報が出てきました。

 

ただ、

通貨は人の手で
造られているのだから
100%安心できないな!

…と再認識はできました。

 

通貨は量的政策で
意図的に増やすこともでき
預金封鎖などで資産を
没収される可能性があります。

つまり、政府によって
操作される資産ってこと。

 

そんな通貨に対して、
資産用として持たれる
金(ゴールド)は決定的に
違う点があります。

 

それは

政治的な裏付けで

流通しない

という点。

 

金は通貨と違って
人の手で造ることはできず
需要供給を操作しにくい資産。

鉱山ストップなどで
供給を抑止することはできても
需要を操作することは困難。

金(ゴールド)は
政府が管理できるものでは
ありませんから…

 

つまり、大統領や政府の一声で
価値が無くなってしまったり
大幅に価値を落とす可能性が
限りなく低い資産ってことです。

 

これまでの歴史をたどると
もともと通貨というのは
金の裏付けで発行された上で
流通してきたものでした。

つまり、通貨の証拠となる
金こそが裏のボスであり
通貨の中の通貨でもあります。

立場的には通貨より上
…といっても過言ではないのです。

 

 

ちなみに今回購入した某国の
通貨というのは東南アジア
インドネシアのルピー。

現物の外貨をまとまって
持つのは今回が初めて。

RVで価値が上がれば良し
何も起きなかったとしても
バリ島で使えば良し。

 

どうなるのかちょっと
楽しみだったりします。

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(6/22)の貴金属価格】
 ゴールド:6,666円/g(+9)
 プラチナ:3,168円/g(-12)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

【今週の逸品】
透かしデザインのK18イエローゴールドの指輪。
さりげなく、そして控え目なデザインなので普段使いでもご愛用できます。

素材:K18YG、
価格:https://nakaoka.official.ec/items/15148746

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-つぶやき

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2020 All Rights Reserved.