熊本県の声から生まれたプラチナウィーンコイン

更新日:

542 Gold

 

熊本研修の二日目は
ほぼ自由行動だったので
腹ごしらをしつつも
同業者巡りなんぞを…

1件目は講師としてお話し
頂いた下通り商店街の
ソフィタカヤナギさん
(ホームページはコチラ)

そして、2件目はナカオカとも
長年仲良くお付き合いさせて
頂いており上通り商店街にある
ジュエラーキヨタさん
(ホームページはコチラ)

 

どちらのお店も100年以上
地元熊本で営業されてる
いわば老舗宝飾店

 

当然ながら数代に渡って
経営されているのですが
時代に合わせたお店構えに
接客、商品ラインナップと
色々勉強させて頂きました

 

場所は全然違えど
同じ小売店だからこそ
できる情報共有も非常に
ありがたいのです

…ということで本当に
中身の濃い熊本研修でした

 

ちなみに熊本地震が起きた
約2週間前に販売開始された
プラチナウィーンコイン

↑左:ウィーン金貨、右:プラチナウィーンコイン

 

このプラチナコインって
実は熊本生まれといっても
過言ではない商品ってことを
ご存知でしょうか?

 

2年前までプラチナコインは
メイプルリーフコインと
イーグルコインという2種類しか
販売されておりませんでした

 

…が、とある理由により
プラチナウィーンコインが
販売され始めたのです

 

 

消費者の声から生まれたコイン

プラチナウィーンコインが
全世界で初販売されたのは
日本であり2016年4月1日

それまでウィーンシリーズは
金貨のみの販売でした

 

しかし、本ブログでも
紹介したジュエラーキヨタの
お客様の要望がプラチナ商品の
販売実現へと繋がったのです

楽器のデザインが
刻印されたウィーン金貨

 

こんな美しいデザインの
プラチナコインがあったら…

 

そういった要望があり
オーストリア造幣局へ
打ち上げたところ実現へと
結びついたのが今回の
プラチナウィーンコイン

 

ウィーン金貨やコインの
製造元オーストリア造幣局は
特に消費者や販売店といった
現場の声を大事にされてます

 

造幣局は政府機関のため
日本人スタッフが駐在する
駐日事務所が日本国内にあります

ナカオカはオーストリア
造幣局駐日事務所の方との
コネクションがあるため
今回のような消費者の声を
直で打ち上げることも可能です

 

昨年11月にご来店された際も
情報共有するだけでなく
お客様からの情報や小売店の
要望などお伝えさせて頂きました

↑11月に来店されたオーストリア造幣局局長

 

何も意見がなければ
実現することがなかった
プラチナウィーンコイン

 

こんなノベルティが欲しい
こんな資産商品が欲しい

 

そんなご要望があれば
何でもおっしゃってください

もしかしたらあなたの声が
実現するかもしれませんよ

 

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(2/22)の貴金属価格】
 金:5,012円/g(+2)
 プラチナ:3,809円/g(-25)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

月々3,000円でご購入頂ける
資産用の金・プラチナに関する
お問い合わせはコチラ

 

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:http://nakaoka-inc.com/

-プラチナのよもやま話

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2021 All Rights Reserved.