本当は違う!?ドイツ国旗の黄色に隠された秘密

投稿日:

592 Gold

 

先日ツイッターで
ドイツ大使館がとある
つぶやきを発しました

 

そんなつぶやき内容を
お応えする前にちょっと
聞いてみますが…

ドイツの国旗が
どんなのかご存知ですか?

 

 

 

 

 

...そうです
上から黒・赤・黄色の
ボーダーデザインの国旗

 

 

先ほどのドイツ大使館の
つぶやきというのはそんな
国旗に関する投稿

 

ではどんな内容だったかというと…

ドイツ国旗の黄色が

実は金色である

 

↑ツイッターからのキャプチャー画像

 

今から170年前に今の
国旗デザインとなってドイツは
当時から「黒・赤・」と
設定されていました

ちなみになぜ黄色でなく
金色だったのかというと…

19世紀に起きたナポレオンが
率いるフランス軍との
戦いに
参戦した学生義勇軍の
制服に
金色のモノがあったため

 

その制服というのが
黒いマント、赤い肩章、
そして金ボタン

この色の組み合わせは
『自由と統一の象徴』とされ
ドイツ国旗に設定されました

 

そんなドイツは国旗に
金色が含まれるように
資産としても金(ゴールド)が
好まれている国でもあります

 

 

金保有国ランキング2位の国ドイツ


ドイツは金の保有量が

アメリカに次いで第2位の国

つまり、ヨーロッパでは
最も金を愛している国とも
言い換えることができます

 

金(ゴールド)が好きな国の
イメージとしては中国や
インドといったアジア圏を
想像する方が多いかと思います

しかし、アジアだけでなく
ヨーロッパでも金は愛され続け
特に資産としては抜群の
信頼性をもった商品なんです

 

にしてもヨーロッパで
金(ゴールド)と言えば
永世中立国で鋳造技術が
優れた
スイス

・・・だと思ってたんですけどね

 

 

どこでもいつでも買える金


そんなドイツでは金が

好まれている様子が誰にでも
分かる形となっております

 

というのが

自動販売機で

金を買えるんです

 

そして、買える量も1gからと
お手頃に購入できちゃうんです

 

1gっていうと日本の
価格で約5000円程度

気軽に現物の金(ゴールド)を
買えるシステムが国として
対応されているワケなんです

 

いちおう、日本にも金の
自動販売機は存在しますが、

一機しか設置されておりません

もう少し普及してくれれば
資産運用として金に興味を
持つ人が増えるんでしょうね

 

しかし、そんな自動販売機に
頼らなくても金(ゴールド)を
少額から買える術はあります

それが純金積立

 

純金積立であれば登録した
銀行口座から定期的に引き落としで
現物の金(ゴールド)を資産に
持つことができる商品

 

3,000円から千円単位で
投資できることができます

ある意味では自動販売機よりも
安く買い続けることができる
このシステムを資産の一部に
取り入れてみてはいかがでしょう?

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(4/13)の貴金属価格】
 ゴールド:5,030円/g(-25)
 プラチナ:3,571円/g(+6)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

月々3,000円でご購入頂ける
資産用の金・プラチナに関する
お問い合わせはコチラ

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-貴金属トリビア, 純金積立

Top

Copyright© 守りの資産の金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成をお手伝い , 2018 All Rights Reserved.