新型肺炎コロナウイルスによる金価格への影響

更新日:

1249 Gold

 

中国に始まり、
今やアジア圏を中心に
猛威を奮っている新型肺炎。

この新型肺炎は
2003年にも流行した
SARSと同じコロナウイルスが
原因だと言われてます。

 

コロナウイルスといえば
一時期日本だけでなく世界で
豚が感染するウイルスとして
ニュースにも取り上げられました。

ただ、SARSは豚だけでなく
コウモリから感染したように
今回も動物から人間に
感染したウイルスだそうです。

 

となれば発症元は
かなり限られてしまいます。

今回の新型肺炎が発症した
元となったのは湖北省武漢市の
生鮮市場と言われてます。

 

ここの生鮮市場では
日本との食文化の違いから
様々な動物が並んでします。

牛や豚、鶏に豚だけでなく、
犬や猫、ヘビ、ジャコウネコなど
日本の市場ではないような
動物が売られている市場。

しかも、生きたままの動物と
既に屠殺された動物が目の前で
扱われる劣悪な環境。

 

今回の引き金となったのは
取引の多さだけでなく
そういった人間が作った
環境化に要因があった
…ということでした。

 

動物だって人間と同様、
ストレスが溜まるワケで
そうなれば病気のひとつや
ふたつ引き起こします。

そして、同じ生き物とはいえ
DNAは異なるから人間と
違う病気も発症するでしょう。

確かに新型のウイルスが
生まれたのは人間でないにしても
そういったウイルスを生み出したのは
人間だったのかもしれません。

 

当然ながら発生源となった
武漢の華南海産物市場は現在
閉鎖されている状況です。

 

…と、その規模は拡大の一途で
インフルエンザや花粉の季節と被り
日本ではマスクがどこも売り切れ。

 

 

ウイルスによる金価格への影響

ちなみにSARSの流行期である
2002年11月から2003年7月の
金価格を見てみるとさほど
大きな値動きはありませんでした。

ただし、今回の新型肺炎は
SARSよりも拡散力が強く
深刻視されているウイルス。

更には今のところ
効果的な治療法がないので
脅威ともいわれてます。

 

中国では出国制限したり、
近くの東南アジア諸国も
中国からの渡航する旅行者を
制限している状況。
(にすると日本はユルい!!)

 

で、この新型肺炎の影響で
中国では貿易戦争に追い打ちを
与える打撃が襲ってます。

全体的なモノの需要が減り
なおかつ、企業自体の
販売量も減るので中国経済は
悪くなる一方…

 

そういったこともあり、
世界では更なる新型肺炎の
感染リスクを気にして
安心資産の金(ゴールド)に
手が伸びる傾向にあります。

 

海外のドル建てでは
金相場がジワリと上がる
動きとなりました。

海を渡ったアメリカにも
感染者がいますがまだ
数名程度におさまってます。

 

この感染者の増え方が
ひどくなればなるほど
安全資産である金の需要も
伸びる可能性が高まります。

しばらく、この新型肺炎の
ニュースは目が外せません。

特にアメリカをも
揺るがす事態となれば、
金価格への影響を
見逃せないでしょうね。

 

 

それにしても、
今回の新型肺炎、隣国とはいえ
日本に来て欲しくないな…

感染者が出てはいますが
あまり拡がらないことを
願ってます。

 

そんな金と菌の
お話でした。

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(2/3)の貴金属価格】
 ゴールド:6,123円/g(+9)
 プラチナ:3,806円/g(+14)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-つぶやき

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2020 All Rights Reserved.