金ETFで唯一現物交換可能なオススメの銘柄

投稿日:

1074 Gold

 

PayPayに始まり、
LINE Payやら楽天ペイやら
メルペイやらもできて
ここ最近はペイペイ尽くし。

もうワケが分からなく
なってきてます。

 

そんなこともあって
連日そういったQRコードの
決済サービス業者からの
営業が多い今日この頃。

そんな中、通販業者では
世界一でもあるAmazonも
Payサービスを開始。

 

一時期は放置してましたが
決済端末を導入しませんか?
という営業があったので
NIPPON Tabletというとこと
ひとまず契約しました。

ここ最近のQRコード決済業者の
営業文句といったら
・お店の登録料なし
・導入初期費用なし
・年間使用料なし
・決済手数料なし
と、どこもこの手のネタ。

 

いい加減聞き飽きたのですが
今回はAmazon系列ってことで
通販シェアNo.1のAmazonPayの
決済システムを導入した次第。

こういったQRコード決済は
クレジットカードよりも
楽ではあるのですが私の中では
それ以上にICの方がありがたい。

 

特に交通系ICカードだと
多くの人が持っているし、
市場をほぼ独占している
JR系列が決済サービスを
始めたら最強じゃね?
…なんて感じた次第です。

ポイント制度もつけたら
交通費にポイントが付加され
消費者とするとこんなに
ありがたいことありませんから。

キヨスクであれば
SUICAで決済できるし、
無茶な話ではないと思うけど
まぁ、手間なんでしょうな。

 

 

金融商品はクレジット決済できない?!

日本ではマネーロンダリングに
関する法律や取り組みが年々
強化されていることもあって
クレジット決済で金融商品を
購入することは推奨されてません。

法律上、NGとはないけど
クレジット会社が規約にて
制約しているくらいです。

 

そのため、メルカリや
ヤフオクでは一時期、
現金が販売されてましたが
今では並んでいません。

せいぜい、規格外や
希少価値の高い年度など
趣向性の高い硬貨くらい。

 

ちなみに資産用の金は
楽天やAmazonで販売されており
クレジット決済は可能です。

…ですが、手数料や
出店料の都合上、やはり
相場に比べると割高です。

 

資金洗浄などで現金化が
目的なら損して得とれ精神で
良いかもしれません。

が、正攻法で持つならば
オススメはできませんね。

 

しかし、株のように
秒単位で変動する相場上で
スマホやパソコンを使い金を
簡単に売買するのは可能です。

数年前からETFという
投資法が世間に出てきて
瞬く間に拡がりました。

 

この10年で金価格が
グッと上がってきたのは
金ETFのおかげ
とも言われてます。

それは一口の金額が安く
低コストであるために
誰でも買いやすいため。

 

そして、現物であれば
日ごとで値段が変わるけど
金ETFであれば毎秒変動します。

そのため、金の変動要素に
プラスして投資家の行動が
もろに反映されるため
短期的であればチャートから
予想を立てやすくなります。

 

ETFはネット上の
やり取りであるために当初は
購入できても現物交換が
困難なサービスでした。

しかし、最近はETF用の
金が確保されたこともあり
購入した金をバーとして
交換可能なサービスもあります。

 

ちなみに私のオススメは
金ETFで唯一現物交換できる
金の果実(純金上場信託)。

専用口座が必要など
手間暇は掛かりますが、
もし口座をお持ちであれば
一考されてはどうでしょう?

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(8/12)の貴金属価格】
 ゴールド:5,517円/g(-6)
 プラチナ:3,255円/g(-9)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-金の価格変動要因

Top

Copyright© 守りの資産の金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成をお手伝い , 2019 All Rights Reserved.