お金が使えなくても金があれば助かる

投稿日:

1032 Gold

 

ブログと並行して毎日
発行しているメールマガジン。

金価格は毎日変動するのと
永遠になくならないってことで
ゴールドブログマラソンという
名前でブログと当日の金価格を
午前中にお届けしてます。

 

そんなメールマガジン経由で
こんなお問い合わせ...
というか質問がありました。

日本の一万円紙幣も
インドの高額紙幣のように
廃止されるのでしょうか?

そのためにも金として
持ってた方が良いのか?

 

問い合わせの入りが
金(ゴールド)と関係ないので
返答が難しいところ。

 

ただ、このように
金を通して世界のことへ
目を向けられるのは
どこか嬉しい気がしました。

インドの高額紙幣廃止とは
2017年11月にインド政府が
ブラックマネー対策に行い
市民を大混乱の渦へと
巻き込んだ政策です。

 

お金が使えなくなるがために
市民が銀行へ長蛇の列を成した
様子がニュースで報道された
記憶が懐かしいです。

 

 

お金が使えなくなったら…

こんなインドのように今
使っているお金が新しくなると
銀行で交換することによって
資産を無くさず済みます。

もちろん交換できなければ
オシマイですが…

 

ではもしもお金が
使えなくなってしまったら
どうなってしまうのでしょう?

 

そんなときのために
各国の政府が中央銀行を通して
保有しているのが
金(ゴールド)なのです。

金(ゴールド)は
世界共通のお金
と言われる現物資産。

 

それに対して、
お金は自国でしか
通用しない資産です。

 

例えば、日本円を
海外に持って行っても
使うことができません。

一度、現地の通貨に
両替する必要があります。

そんな日本円はどこでも
両替できるかというと
銀行や空港の両替商で
変換する必要があります。

 

しかし、金(ゴールド)なら
地金商であったり、質屋で
お金に変えることができます。

そして、どこででも
使うことができ、国や
地方によっては金によって
物を買えるところもあります。

 

お金というで制度が
なくなるってことはよっぽど
無くならないでしょう。

ただ万が一にでも
そんなことが起きると
必ず役に立つのが金です。

 

冒頭で触れた新札廃止も
その分を金で持ってれば
急いで銀行へ駆け込む
必要がなかったでしょうね。

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(6/30)の貴金属価格】
 ゴールド:5,307円/g(+0)
 プラチナ:3,232円/g(+0)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格
 ※市場休業のため、土日は同一価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-つぶやき

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2021 All Rights Reserved.