長時間座り続ける偏った行動は寿命を縮める原因

投稿日:

665 Gold

 

友人に誘われてランチで
いきなりステーキへ…

類は友を呼ぶといいますが
僕の周りにはなぜだか
肉好きが本当に多いのです

 

何を食べたい?

肉でしょ!

 

みたいに迷ったら肉!
まぁ、好きなんでいいけど

 

それはさておき、
いきなりステーキといえば
気軽にステーキをがコンセプトに
立食形式で食べる飲食店
(SCでは着席店もあるようですね)

 

パーティーくらいでないと
立食することはあまりないけど
この立つというのは
結構大事なことなんです

厳密には立つのが良いのでなく
座りっぱなしが悪いんです

 

この前テレビをつけると
座りっぱなしは喫煙と
同じくらい良くない
…というフレーズが流れました

 

世界一座る時間が長い日本人
長時間座ることの危険性が
放送されていた番組

座ったままでは直立時に比べて
消費カロリーが半分となり
筋肉も全く使わないために
筋力が落ち、痩せにくいという
データも実証されていました

更には座る時間が長いほど
がんの発症リスクや死亡リスクも
高くなるという統計も…

 

座っていると
第二の心臓と言われる「足」を
使わなくなってしまいます

両手から両足まで隅々と
血管を通して血が流れるので
座ることによって足に
血が届きにくくなることが
よくないというのです

 

既にアメリカやヨーロッパでは
この座り過ぎ対策というのが
政府公認で2000年に実施済みで
肥満や糖尿病の減少にも
数字が表れているのです

 

全然痩せない、身体が重い
下半身が痛い、不調な日が多い
…そんな方は座り過ぎが
原因のひとつかもしれませんね

 

僕は昔、プログラマーという
部屋に引きこもりっぱなしの
座りっぱなしな仕事でした

今となっては営業職なので
ほとんどが立ち仕事です。
デスクワークも立ちながら
行うように心がけてます

 

たまに座るのは良いけど
座りっぱなしのように
同じ行動に依存することは
よろしくないんですね

ちなみに資産に関しても
同じモノばかりに依存するのは
よろしくないことなんです

 

 

何かに依存し過ぎてませんか?

何が起きるか分からない
将来のためお金や資産を増やす

…そんな人はこの世に
たくさんいると思いますが
それだけではダメなことを
実は半数以上の人が知りません

 

ではその増やす以外に
重要なことが何かというと

守る

…ということ

 

もちろん増やすことも重要ですが
増える一方で減る量も増えます

 

例えば宝くじなんて良い例

普通の暮らしをしていた人が
宝くじをに当たったことで
10億円も急に資産が増えた

そうなってしまうと
欲しいモノをガンガン買って、
やりたいこともじゃんじゃんやる

それによって、出費はもちろん
維持費用なども急に増えるので
結果的に破産してしまう

…そんな人が多いのです

 

ちょっと大金が入ると
何かにすぐ使ってしまう

そして、またお金が欲しくなる

こういった輪廻が
繰り返されて終わります

 

そんなためにも
増やすだけではなく守る

コレ、結構重要なことなんです

 

そして、そんな守ることに
優れた資産というのが

 

金(ゴールド)というモノで
持っておいてあとで必要な分だけ
現金に換金すれば良いのです

 

座りっぱなしであると
血の巡りが悪くなるように
お金の動きも増やすことしか
考えなかったら循環が悪くなります

 

何事もバランスよく

 

そんな均衡を保つ資産として
そして将来を守るために
資産の一部を金(ゴールド)で
持ってはいかがでしょうか?

 

 

…あっ、僕の肉食に偏った
食生活もなんとかせねば

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(6/25)の貴金属価格】
 ゴールド:4,896円/g(-8)
 プラチナ:3,458円/g(+13)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-金を持つことの理由
-, ,

Top

Copyright© 守りの資産の金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成をお手伝い , 2018 All Rights Reserved.