金の年間産出量が多い国トップ10

投稿日:

787 Gold

 

先日、広島県の東部にある
福山市へ行ってきました

なぜバラの街と呼ばれる
福山かというと目的はお勉強

 

とはいえど今回は同業者が
開催されていた催事の見学

同業者なので基本的には
ジュエリーや時計なのですが
今回はそれ以外でジャンル違いの
珍しい商品があるってことで
見させて頂くことになりました

もちろん催事の構成や
接客なども含めての勉強です

 

他社様なので写真撮影は
控えましたが今回目当ての
商品についていろいろと
話を聞いてみました

その商品というのは
括りとしては健康グッズ

どんな商品かというと…

マイナスイオン発生器

 

某企業のプラ〇マク〇スターの
強化版と言ったところでそれより
約100倍以上のマイナスイオンを
発生する装置でした

ちなみに空気感染を防ぐために
救急車にも同じ機械が
搭載されているようです

 

ところで自然界で最も
マイナスイオンが発生する
場所ってどこかご存知ですか?

 

 

マイナスイオンが最も多い場所

自然界において最も
マイナスイオンが発生する場所

 

それは雷雲

 

雷雲は読んで字のごとく
雷をまとった雲のこと

雷というのは物理的に
プラズマ状態いう形態であり

プラスイオンとマイナスイオンが
入り混ざった状態を示します

 

昔から

落雷が起こると豊作になる

なんて言い伝えがありますが
マイナスイオンが落雷と同時に
地上に放出されるためであって
科学的根拠のある言い伝えなんです

ちなみに雷は稲妻とも
呼びますが稲にとって
妻(ないと困るもの)ってことで
そんな名前になりました

 

雷は激しい放電で発生する
大気中における電気現象

実はこの雷っていうのは
先ほどの落雷の話で伝えたように
マイナスイオン発生器と呼んで
良いほど同じ仕組みなのです

 

雷というのは大自然が
作り出した静電気で
発生する巨大な火花放電

電気を通しにくい大気において
上昇気流などで電荷が発生することで

大地の地表との間に電位差が生じて
生まれた高圧電流なのです

そしてこの高圧電流が地上へ行くときに
大気中の水分子のクラスターを破壊し、
マイナス
イオンを発生させるのです

 

そんな原理を使ったのが
今回見させてもらった
商品だったのです

 

ま、それはさておき…
結局のとこマイナスイオンが
最も多いのは雷雲でしたが現在
最も金(ゴールド)を多く産出している
国がどこかをご存知でしょうか?

 

 

金が最も採れている国

最も金を産出できている国は
昨年の調査結果によると答えは

 

南アフリカ共和国

 

…ではなく

 

中国

 

でした

 

確かに昔はアフリカ方面で
採れる量が多かったのですが
ここ数年は中国での産出量が
多い調査結果が出ております

 

なぜ最近になって中国での
産出量が多くなったのかというと

施設の充実化

金産業の促進

 

近年は経済成長によって
投資量も増えましたが以前は
そんなことありませんでした

金が世界で需要が高まり始めた頃は
アフリカやアメリカで大規模な
金鉱脈が発見されたこともあって
世界はそちらにばかり注目されました

 

いわゆる
ゴールドラッシュ
ってやつですね

 

ほとんどの政府や企業は
広大な土地と豊富な資源がある
アジア大陸に対してはあまり
見向きしなかったのです

そして、アフリカやアメリカで
採れなくなるとアジアへ進出し、
中でも国土が広い中国での産出量が
ドッと増えていったのです

 

ちなみに昨年の金産出量
トップ10は以下の通り↓↓

 

しばらくは中国の産出量に
頼る時代が続きそうです

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(10/27)の貴金属価格】
 ゴールド:4,843円/g(-6)
 プラチナ:3,326円/g(+10)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-金のよもやま話

Top

Copyright© 守りの資産の金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成をお手伝い , 2018 All Rights Reserved.