ウイルス影響で価値が上がっているマスクと金(ゴールド)

投稿日:

1261 Gold

 

コロナウイルスと
インフルエンザなどで
マスク需要が世界的に
グッと高まった2月の初旬。

デパートのブティックや
ブランド店の店員がこぞって
マスクをつけて接客する
風景はなかなか異様でした。

 

と、そんな状況もあって
広島市内でも薬局や
ドラッグストアーだけでなく
100均にはマスクが棚に
全くない状態が続きました。

ただ、これは広島だけでなく
日本全国でも同じ状況。

 

どこでも売ってないなら
インターネットではあるだろ?
と、楽天やAmazonを見るも
そこでも売り切れが続出。
…ただ、一部を除いて。。。

 

その一部というのが
高需要低供給な現状で
高価格で販売している業者。

マスク30枚が何十万円
何百万円とアホみたいな値段で
販売されているのをネットで
目にしてしまいました。

普段であれば、マスク30枚
100円で売ってるんですが、
こんなんに手を出す人が
いるのでしょうか…。

↑ダイソーだとこれで100円っすよ

 

と、そんな状況も徐々に
和らいでおり、お店でも
チョロチョロとお店の棚で
見かけるようにはなりました。

パンデミック級の
事象が起こると必須品でもない
マスクも高騰してしまう…。

ちょっとしたオイルショックを
実感してしまった2月でした。

 

 

モノの値段は需給で決まる!

と、必要とされており
なおかつお店に並ぶという
供給不足により高騰したマスク。

ただ、こういったことで
もちろんマスク以外でも
起こりえることです。

 

私が中学生の頃に
たまごっちというおもちゃが
一大ブームとなりました。
(今どきの子は知らんでしょうが)

販売当時は全国の
おもちゃ屋で開店前に
長蛇の列をなしたことが
ニュースでも報道されました。

そして、その取引価格も
正規価格から10倍ほど
値付いた時期もありました。

 

まだ、たまごっちなら
単なるおもちゃであって
生活必需品ではないので
世間を揺るがすほどの
事態にはなりませんでした。

そんなモノの値段ってのは
需要と供給で決まりますが
それはモノであって、
資産でもある金も同様。

 

金は必要とされる需要と
リサイクルや鉱山での供給量で
日々の値段が決まります。

 

ではどんなときに
需要が高まるのかというと
世間に不安感を覚えたとき。

金(ゴールド)は
価値のなくならないモノ
という立場の資産です。

 

通貨制度が始まる前に
使われた資源であって
人類による実績も長い金。

もしものときに
頼られる資産として
金が活用されるワケです。

 

中国のコロナウイルスや
アメリカのインフルエンザ、
ここ最近はウイルスリスクで
経済への影響が懸念されており
不安視される傾向にあります。

今のところの金価格は
ドカッと大きな影響はないけど
ジワジワと上がっている背景は
この要因も含まれてます。

 

不安視されるから
その対策に金を持つ。

もしも何かが起きたときに
対策をしたところで遅いからこそ
今のうちに平時のうちに
資産を守る運用の準備が必要なのです。

 

…っと、そんなこと言ってたら
今日の金価格(土日の特別価格)も
昨日より上がってます。

本日も買い取りに追われる
土日になりそうです。

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(2/15)の貴金属価格】
 ゴールド:6,187円/g(+32)
 プラチナ:3,830円/g(-6)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-つぶやき

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2020 All Rights Reserved.