金はすぐに持ち出せ運搬が楽な資産

投稿日:

1028 Gold

 

確か2年ほど前だったか
流行りに流行った塩パン。

ブームというのはすぐに
忘れ去られるものですが
未だ根付いている塩パン。

 

ご飯党な私としては
あまりパンを食べないけど
このカリッとした食感と
ほのかな甘さの塩パンは
当時ヤミツキになりました。

で、ブームが去ってからは
しばらく食べてなかったのですが
たまたまパン屋の前を通り
看板でPRしてあったので
買ってしまいました。

 

そんなワケで久しぶりに
塩パンを食べたワケですが
こんなに中身がスカスカ
だったかな〜と。

食感に夢中になり、
昔食べていたときにはあまり
中身を気にしなかったようです。

 

ちなみに塩パンは最初
バターが芯になっており
生地を巻いてから焼くので
バターが溶けて空洞になります。

どのパン屋であっても
塩パンってやつは中身が
スカスカなのであしからず。

 

 

見た目とは違う…

見た目に幻滅することって
食べ物ではよくあるけど
それは密度が低かったり
比重が少ないためにあること。

ですが、逆に良い意味で
期待を裏切る資源というのが
実は存在するのです。

 

それは、資産としても
使われている金(ゴールド)。

 

現物資産である金は
インゴットの大きいサイズだと
500gや1000gの商品が
売買取引されています。

値段も5,000g/円以上と
高価なものなので重さにより
1000gだと500万円以上と
車を購入できるほどの価格。

 

大金が発生するので
いざ納品した際には
金の輝きに感動する反面、
大きさでは「えっ?!」と
驚かれる方が多いのです。

 

それは…

重さに対して
小さく見えるため。

 

金取引において
真偽を確認するための
ひとつの方法として
重量計測があります。

これは金と同様の
比重である資源が世の中に
ほぼ存在しないため。

 

金(ゴールド)の比重は
19.32であり、同じ量の水より
その倍率分重いという
ことになります。

 

通常、1000gっていうと
鉄アレイや飲み物の入った
ペットボトルに例えられますが
もっと分かりやすのがコレ↓↓

 

工事現場で一般的に
よく目にするコーンが
ほぼ1kgなのです。

コーンとインゴットが
同じ重さって意外ですよね?

 

自然界においてただでさえ
輝きを放つものはないのに
この重さ・比重まで兼ね揃えた
資源は地球上に存在しません。

金とほぼ同じ比重であり、
偽物としてメッキ品によく
使われるタングステンは
鉄のような銀灰色。

 

っしりくる重さは
現金資産にありがちな
「かさばる」という点を
解消してくれます。

何千万円という現金資産が
あったとしてももしコレが
金であればビジネスバッグに
入る程度で済みます。

 

このように比重の高さは
資産の持ち方に役立ちます。

もし家の金庫などに
大量の紙幣を抱えているなら、
金というカタチにすることで
少ない量で保有してはどうでしょう?

 

大量の現金より
手軽に運べる金ならば
いざとなったときにも
すぐに持ち出せるのも
メリットのひとつです。

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(6/26)の貴金属価格】
 ゴールド:5,298円/g(-42)
 プラチナ:3,115円/g(-40)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-つぶやき

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2019 All Rights Reserved.