米朝首脳会議は国のため?それとも保身のため?

投稿日:

655 Gold

 

この写真は5月に当初
行われる予定であった
米朝首脳会談の記念メダル

外国賓客への贈り物に
使われるために銀で
作られたのです

 

ってことで日が経ったけど
先日行われた米朝首脳会談に
触れてみたいと思います

特にコレといった問題もなく
終わった米朝首脳会談

 

ニュースでは主に無事
開催された様子であったり
会談の結果しか触れてない
メディアがほとんど

もちろんそういったことも
重要なですが、その会談に
隠れた背景も意外と大事

 

今回の会談の背景ですが
表向きには国vs国の規模で
見られているけど、裏では
大統領vs委員長という個人での
立場でのやりとりがみえみえ

ノーベル平和賞受賞を
狙っているのでは…

なんて話もあがりましたが、
結局のところ落としどころは

トランプ大統領は中間選挙
正恩委員長は保身とお金

 

つまりは自分のために
…という背景が大きく
読み取れた今回の会談

 

というのも会談をして
いくつか同意事項もあったけど
結局のとこ、日程であったり
具体的な進捗がなかったため

核を辞めるにしても
本来であればいつやめる
どこの施設は破棄する
…などの話になるのですが
そんなやり取りは全くなし

 

同意は同意でも本当に
ざっくばらんな内容

 

なにより、コレまでは
お互いにいがみ合ってたのに
会談をやるってなると急に
目の色を変えてお互いを褒める
姿は不自然な感じもしました

ま、どちらも自分の保身が
前提のやり取りであったので
今後、100%展望が良くなる
確約ってない気はします

 

 

結局、大事なのは自分

と、個人的な問題解決の
ためとはいえ、現状のところ
北朝鮮に関する課題や
リスクがなくなったのは事実

そんなこともあって
株価や通貨、金価格も
大きく変動しませんでした

 

それもそのハズで今回の
会談開催が決まった瞬間
市場における投資家は
北朝鮮リスクを解除しました

そのため、会談くらいでは
株式や為替などの価格が
大きく変動する余地って
全くなかったのです

 

ま、もしも会談内容で
決裂していたら市場も荒れて
世界でも騒がれた可能性が
あったかもしれませんけどね

 

そもそも投資家が大事に
していることは今回会談した
国のトップふたりのように

自分の保身

 

いかに利益を取り
損益を減らすかであって
その変動要因として北朝鮮は
全然影響しないと投資家は
考えた結果でもあるのです

 

ちなみに昨日はFOMCという
アメリカの金利方針が
発表された重要な日

【FOMCとは】
Federal Open Market Committee(連邦公開市場委員会)の略で、アメリカの金融政策を決定する会合。
FOMCでは景況と政策金利(金利)の上げ下げなどの方針が発表される内容で、世界の株式市場や為替が大きく変動することもあり、世界の金融マーケットに大きな影響を及ぼす重要な会合。
日本における「日銀金融政策決定会合」での立ち位置みたいなものです。

 

投資家にとっては北朝鮮より
FOMC動向に注目してました

ま、結局は国の代表と同様
いち個人投資家も自分の身
重要ってことなのです

 

そして、自分の保身を常に
念頭に置いている投資家は
いろんな資産を持つことで分散し、
利益だけでなくリスクにも備えてます

 

そんな資産の一部に必ず

金(ゴールド)

が持たれており、
金を持たない投資家は二流
…と言われているほどなのです

 

プロの世界の一流の投資家が
保身のために持っている金は
僕みたいな一般消費者が
持っていて損のない資産です

全ての資産を金につぎ込む
必要はありませんが、一部に
金(ゴールド)を組み込んでは
いかがでしょうか?

 

 

 

本日はここまで。
ゴールド王子こと中岡英也でした。
(名前クリックでプロフィール表示)
May the Gold be with you. 

【本日(6/15)の貴金属価格】
 ゴールド:5,042円/g(+29)
 プラチナ:3,582円/g(+34)
 ※田中貴金属公表の税込小売価格

 

無料見積もり

ナカオカのLINE@登録し、
画像を送付頂ければ、
来店不要でお見積もりできます↓↓

 

メルマガ登録フォーム

登録は以下の画像をクリック↓↓

 

【株式会社ナカオカ】

住所:広島市中区堀川町5-10(金座街)
TEL:082-246-7788
営業時間:10時~19時(水曜定休日)
HP:https://nakaoka-inc.com/

-つぶやき
-, ,

Top

Copyright© 守りの資産の金地金(ゴールド)で次世代に向けた資産形成を広島からお手伝い , 2022 All Rights Reserved.